スポンサーリンク


5月25日のケンミンSHOWでは岡山県のデミカツ丼を紹介!
このデミカツ丼、岡山県民の県民食として、そして観光客には個性的なご当地どんぶりとして定着しているようです。

岡山市を中心に定着してるデミカツ丼は歴史は古く、誕生したのは85年以上も前なんです。

そしてデミカツ丼を最初に始めた老舗中の老舗「味司 野村」を見てみましょう。

スポンサーリンク




デミカツ丼の元祖「味司 野村」


「味司 野村」(あじつかさ のむら)は昭和6(1931)年に創業されています。
以来、4代にわたって暖簾を守るカツ丼専門店として岡山市で愛されて営業されています。

岡山県岡山市北区平和町1-10
営業時間 11:00~21:00(L.O.)
無休(12月31日~翌1月5日休、変更の場合あり)

スポンサーリンク




ともとも

岡山でかつ丼といえばデミグラスソースがかかったデミカツ丼です。和と洋のコラボで、サクサクのカツに濃厚なデミグラスがめちゃくちゃ合います!

デミカツ丼は創業者野村佐一郎氏が東京で修行中に「帝国ホテルのドミグラスソースに衝撃を受けて」思いついた一品です。
ちなみに「味司 野村」ではドミカツ丼と呼ばれています。

ともとも

岡山市に行ったら老舗の味を楽しんでみてはいかがでしょうか


スポンサーリンク




そのほかのデミカツ丼の名店

岡山市にある、ほかのデミカツの名店を紹介します。
お店により個性がありますので、自分の好きな味の店を探すのも楽しみですよ。

地元では有名な人気店「食堂やまと」


商店街「オランダ通り」で昼時にいつも行列をつくっている人気店です。

歴史が長く2017年で創業69年を迎えています。
デミカツ丼だけでなく、メニューにはラーメンやオムレツもありますよ。

ともとも

少し赤みのあるデミグラスソースの秘密はラーメンで使用している、とんこつと魚介系のスープを使用しているからとのこと。
だからコクのあるソースに仕上がっています。

岡山県岡山市北区表町1-9-7
営業時間 11:00~19:00
定休日 火曜日

スポンサーリンク




うどん屋のデミカツ丼「讃岐の男うどん」


デミカツ丼の紹介なのに「讃岐の男うどん」という店名(笑)
こちらは岡山で人気を誇るうどん屋さんなんです。

味はもちろん、ボリューム感で圧倒的な人気を誇っています。

ともとも

やはりうどんがメインになっているのですが、デミカツ丼も他のメニューもボリュームが凄くあります。
うどんも讃岐うどんで、気持ち細めなのかなと感じましたが腰があり美味しいです。

岡山県岡山市北区富田町2-11-17
営業時間
(平日・土曜日)
  11:00〜16:00
  17:00〜23:00 (L.O 22:30)
(日・祝日)
  11:00〜22:00 (L.O 21:30)
  ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業
定休日 不定休

他にもたくさんのデミカツ丼を扱っているお店があります。
ご自身の足で「気に入ったデミカツ丼を探す旅」をしてみるのも楽しいですよ。

でもね、食べすぎた後の体重増は自己責任でお願いします(笑)

スポンサーリンク