スポンサーリンク

東南アジアで一番若い国、それが東ティモール。

インドネシアから独立してできたのが2002年5月20日。

21世紀最初の独立国なんですよ。

東ティモールではワニが神様なんですよ。

そしてワニが国になったと伝えられています。

スポンサーリンク




東ティモールのスペシャルティコーヒー


そんな東ティモールの名物と言えば、コーヒーですね。

特に最近では有機栽培フェアトレードコーヒーなど知られてきました。

わかりずらいですよね?

一般的にインスタントコーヒーなどになるグレードが「コマーシャルコーヒー」や「コモディティコーヒー」と呼ばれます。

これはニューヨークの取引所で価格が決められてしまい、生産者などの意思は入る余地がありません。

しかしここ最近、フェアトレード取引がされ始めました。

これは貧困に苦しむ発展途上国の人々の手による生産物を、市場価格の変動によらず、公正な価格で長期間にわたって安定的に買い取り、生産者の自立を支えることを目的としています。

東ティモールでも農薬や化学肥料を使用しない、高品質なコーヒーの生産が盛んになってきたのです。

雑味のない素晴らしいクリーンカップのコーヒーを飲みたい方、スペシャルティコーヒーを試してみたい方にはこちらをお勧めします。

>>>経験したことのないコーヒーならこちら珈琲きゃろっと

スポンサーリンク