スポンサーリンク


誰もが一度は食べたことがある井村屋の「あずきバー」

夏の国民食と言っていいあずきバーですが、誰もが思ったことがある「なぜこんなに硬いのか」

その秘密に迫ってみたっすよ

スポンサーリンク




あずきバーの生産量


あずきバーは2016年度には年間約2億5800万本の販売実績を記録する人気者。

一日あたり100万本もの生産量に。

スポンサーリンク




なぜ硬い?あずきバー


みんな大好きあずきバーもとんでもない一面を持っています。

きっとあなたの周りにもいるはず、あずきバーで歯を折った人。

ほんのり甘いあずきバーも厳しい一面を併せ持つ。
そんなあずきバーの硬さは釘が打てるほど。

それもそのはず硬度を測定したらなんと、サファイヤを超える硬さだったんです!

あずきバーの硬度を測定したのは金属材料の硬度を測る機器「デジタルロックウェル硬度計」というもの。

スポンサーリンク




硬い理由


井村屋グループ経営戦略部の担当者は言っています。

甘さを控えたために水分量が増えて硬くなったとのこと。

また次の理由があるそうです。

・乳化剤や安定剤といった添加物を使用していない
・乳固形分が入っていない短い一文の引用
・空気の含有量が少ない

「ぜんざいをそのままアイスにする」という発想で作られたあずきバーは「あえて固くしているわけではなく、安心・安全を追求した結果、そうなっているんです」とのこと。

でもでも、ダイヤモンドの次に硬いサファイヤを超えたあずきバー。

驚異的ですね。

スポンサーリンク